花粉症はひどくなる前に対策

花粉症は実感してから対策するよりもその前から対策をしたほうが効果が高いです。ですので花粉症のシーズンになってからではなくシーズン前からの対策が望ましいです。当サイトでは、花粉症の対策方法など紹介します。

花粉症はひどくなる前に対策

花粉症をシーズン前から対策するには

花粉症の人にとって、シーズンの到来は何より憂鬱なニュースです。多くの人がシーズンが始まった後症状が出てきて、またはひどくなってからお医者さんにかかったり、毎年飲んでいる薬を飲み始めているようです。しかし、シーズン前から対策をすることで、その症状を緩和することが出来ます。症状の種類やその重さは人それぞれですが、重い人程早めのケアを心がけるべきです。花粉が飛び始める前からお医者さんにかかって自分に合った薬を処方して貰い、飛散する1週間から2週間前から治療を開始することを初期治療と言います。ヒスタミンやロイコトリエン等の刺激物質が放出されるのを防ぐ抗アレルギー薬、放出されたヒスタミンの刺激を抑える抗ヒスタミン薬、鼻づまりを引き起こすロイコトリエンを抑える抗ロイコトリエン薬等の薬が処方されます。これらを先手を打って飲み始めることで、花粉症の対策となり得ます。花粉症の症状が出るのは、花粉が体内に入ることにより身体がアレルギー反応を起こすことに起因します。身体に入って初めて症状が現れるのです。この理屈で言うと、体内に入ってしまう花粉の量は少なければ少ないほど症状は出にくいことになります。だから、マスクやメガネで防ぐなら、花粉が飛び始めてからではなく、こちらも飛ぶ前からしておいた方が良いということです。その他にも、頭に花粉がつくのを防ぐ帽子も効果的です。頭につく花粉は見落としがちなので注意が必要です。家に入る前は玄関先で体についた花粉をよく払いましょう。頭を払うことも忘れずに。一緒に暮らしている花粉症ではない家族にも協力してもらうと尚良いです。そして家に入ったらすぐ、洗顔して下さい。特に鼻の下はよく洗います。洗濯物にも付着しますので、よく払って取り込んで下さい。これらを、花粉の飛散状況を注意して見ながら、たとえ微量でも飛んでいる可能性があると判断できる前からすることで対策になります。

<花粉症の治療薬>
アレグラ
ザイザル