花粉症は実感してから対策するよりもその前から対策をしたほうが効果が高いです。ですので花粉症のシーズンになってからではなくシーズン前からの対策が望ましいです。当サイトでは、花粉症の対策方法など紹介します。

花粉症はひどくなる前に対策

ウールの衣服は花粉症に悪影響を与えます

花粉症は現在多くの人が悩まされる症状となっており、シーズンになるとドラッグストアなどに対策グッズが多く販売されるようになりました。
ですが何万円もかけて対策グッズを買うよりも、その前に考えておきたいのが普段の生活のことについてです。
では普段の生活においてどういったことに注意をすればよいのかというところでまず出てくるのが衣服についてです。
花粉症の原因となるのは花粉であり、花粉は人の衣服に非常に付きやすい性質をしています。
衣服に着いてしまった花粉が自宅に持ち込まれてしまうと、自分の部屋の中でも花粉症の症状が酷くなるという結果になってしまうのです。
そのため、花粉症シーズンにはなるべく着用する衣服の素材を考えることが必要です。
最も避けなくてはならない衣服の代表格となっているのがウールの衣服で、ウールは表面が毛羽立っているために花粉が非常に引っかかりやすいのです。
加えてウールの特徴としてある「静電気」も花粉が付きやすい原因で、静電気によって引き寄せられた花粉がそのまま家の中に持ち込まれてしまうことが非常に多くあります。
最も花粉が付きにくい素材の一つである木綿と比べると付着する花粉の量は約9~10倍となっており、大量の花粉を家に持ち込むことにもなってしまいかねません。
こうなってくるとどれだけ空気清浄機を使っても、どんどん部屋の中に花粉が持ち込まれるわけですから高価な空気清浄機でも効果が薄くなってしまいます。
春先でまだ肌寒いと言っても、花粉症の症状が辛いのであればなるべくウールの衣服は着ないようにするのがベターです。
アウターを着なくてはならないというような場合であっても、可能な限りナイロンやポリエステルといったような表面がつるつるした化学繊維のアウターを着ていくことをお勧めします。