花粉症は実感してから対策するよりもその前から対策をしたほうが効果が高いです。ですので花粉症のシーズンになってからではなくシーズン前からの対策が望ましいです。当サイトでは、花粉症の対策方法など紹介します。

花粉症はひどくなる前に対策

花粉症とミルクアレルギーについて

花粉症はアレルギー反応のひとつでスギやヒノキなどの植物の花粉によって、くしゃみや鼻水などの症状が引き起こされるものです。日本では約20%の人が花粉症だと言われており、実際に何種類もの花粉に対して反応が出てしまう人や、なん前触れもなく突然花粉症を引き起こす人、一年中花粉症の症状がある人も多く見られています。
そしてこのようなアレルギー症状を持つ人の子どもは同様にアレルギーを持っていることが多いそうです。その種類は遺伝するものではないので様々ですが、中でも未熟な乳児にとって危険だと言われているのがミルクアレルギーと呼ばれるものです。これは食物アレルギーの一種で、牛乳の中のたんぱく質に過敏に反応してしまうものです。このアレルギーを発症する人のおよそ90%が生後3か月以内の乳児で、ミルクの摂取によっておう吐や下痢を引き起こします。粘膜の発達が未成熟な乳児にとって、この症状は非常に重篤なものであると言われています。また、この症状を引き起こす原因とされている「カゼイン」という物質は、ミルクの他にも化粧品やハムなどの豚肉食品、ワインやフルーツジュースにも含まれているため、乳児でなくとも発症する恐れは十分にあります。
ミルクアレルギーを持っていることが発覚したら、「カゼイン」を含む食べ物の摂取を控え、牛乳の代わりに豆乳などを飲むのが良いとされています。乳児に対しては、アレルギー用のミルクというものも販売されているようです。また軽度のものであれば薬を併用してミルクを摂取することも可能です。ですが、すでに発症した後で粘膜の損傷が激しいような場合には、きちんと病院に行って治療を受けることが必要になってきます。