花粉症は実感してから対策するよりもその前から対策をしたほうが効果が高いです。ですので花粉症のシーズンになってからではなくシーズン前からの対策が望ましいです。当サイトでは、花粉症の対策方法など紹介します。

花粉症はひどくなる前に対策

花粉症は鼻アレルギーが集団でかかることもある

花粉症という症状はなぜ個体差によって発症の仕方が異なるのでしょうか。そもそも、人間の身体には体内に侵入した外敵を除去しようとする働きが存在します。ウイルスが入ってきた場合には免疫機能が働いてそれらの悪い菌を倒す働きを発揮してくれるのです。しかし、個人差によって外部からこうした敵が入ってきたときに免疫機能が反応しすぎて過剰に身体が反応してしまうことがあります。こうした反応がアレルギー反応と一般的に呼ばれるものであり、花粉症の場合には鼻アレルギーとして症状が出てしまうことになるのです。身体に侵入した花粉に対して鼻アレルギー反応して過剰に捉えてしまいます。
近年は、こうした過剰な鼻アレルギーの反応が集団で起こる事案が多く発症しているので注意が必要です。実は、こうした手段の鼻アレルギーには正当な理由が存在します。
一つは、昭和30年ごろに植林されたスギの成熟です。過去に植えたスギが近年で成熟して従来までの花粉よりも遥かに多い花粉を日本列島に拡散させています。そのため、昔よりも集団でアレルギーにかかってしまう機会が増えているのです。
そして、もう一つが気密性の高い住宅が増えたことです。昔は、耐震構造の基準も緩かったので木造住宅が多かったのですが、木造住宅の利点は気密性が低くてダニやハウスダストが少ないことでした。気密性の多い住宅ではこうしたものが溜まりやすく、家族の集団でアレルギーを引き起こしてしまう可能性が高くなっています。
大人になると、社会生活の中でストレスを受けると機会が多くなりますが花粉症は自律神経が乱れると免疫機能に影響を及ぼして突然アレルギーとして生じることもあります。そのため、こうした身近なことへの注意で対策をしていくことが大切なのです。